どうなるCTimeカフェ?…”CTimeライブ”なるものも登場!?

2019年8月17日

画像

「CTime カフェ(リアル店舗)」や「CTime LIVE」ができる!?

最近「CTimeのリアル店舗」という言葉を、CTime内の投稿でよく見かけるようになりました。

・夏季にアンドロイドをリリース次第、
メディア進出、リアル店舗、デバイスと派手に進出していきます…2019年5月11日

・今後CTimeはリアルにも進出していきます…2019年5月6日

(引用元:CTime山中社長の投稿)

さらに、2021年までに、”CTimeカフェ”が実現するという情報も…!?

まだこのように情報は少ないですが、
今回はCTimeがリアル店舗に向けて
どのように展開していくかを少し、予測してみたいと思います。ワクワク

先日このような投稿がありました。
「キャッシュレスリアルCTime店舗?」と書いてあります。

画像

CTimeリアル店舗が実現するとどうなるか…?

リアル店舗とは
「ネット上ではなく、実際(リアル)に立ち並ぶ店舗」のことを言います。

さらに Cafe(カフェ)、という言葉を聞くと
”人と人がリアルで繋がり、コミュニケーションをとる場所”
というイメージがありますね。

しかし気になるのは文中にある「キャッシュレス」という言葉です。

実際にあるリアル店舗の事例をみてみると

世界的に先進した「リアル店舗」には、
米アマゾン・ドットコムが2018年に、
開業したコンビニ店
「Amazon Go(アマゾンゴー)」があります。
この店舗にはレジが無く、カメラやAIを使ってスマホの決済をする
システムが導入されているそうです。

と考えると…?
画像

「Amazon Go」のようなキャッシュレのスシステムが導入された店舗ができるのでしょうか…?
もしかすると「CTimeキャッシュ」
や「CTimeペイ」
なんて、できるかもしれませんね!
今はこのような予測ができますが、実際どうなっていくのかはお楽しみです笑

画像

さらに、CTime山中社長直々のツイキャスにて重要な発表が!!

先日(2019年5月20日)、
CTimeの山中社長のツイキャスLiveにて

衝撃の発表がありました。

内容は、CTimerの愛木らむさんから、
山中社長に「今後CTimeにツイキャスの様なライブ機能をつける予定はありますか?」
と質問をしたところ

返ってきた返答が。。

『今後、CTimeカフェと、CTimeを、ライブで繋ぎます…!!

一緒にツイキャスLiveを見ていた方々と、
「おー!!」となってしまいました。笑

図にしてみると…

画像

こんな感じでしょうか?
めっちゃ楽しそうですね!!笑
繋がりの幅が広がります。
(現時点ではまだ妄想の図なのでご注意ください)

また、このCTimeのライブ配信は、
記事の冒頭にあった山中社長の投稿の
「オリジナルTV展開」と関係あるかもしれませんね。

画像

CTimeカフェで、人との出会いやLIVE配信…!
まだまだどうなるかわかりませんが、
今後少しづつ発表されていくと思います。

CTimeが目指す、「ネットとリアルの融合」とは。

SNSとして「CTime」がネットだけでなく、
今後アナログにも繋がりを広げていくことは間違いありません。

日常でもビジネスでも、”人と人との繋がり”が行き着く先は、
アナログにあると考えています。

”CTimeユーザーが今のSNS上と同じくらい日常的に、リアルで繋がれる日”も近いかもしれませんね。
今後のCTimeに期待しましょう!

〜以上、未来予測編〜
画像

SDGsとは?